プラスチックごみの種類と分別

プラスチックごみの種類と良い分別方法とは

プラスチックごみと環境

私たちが「プラスチック」とひとまとめにしているものでも、ごみの処理やリサイクルの際にはより細かく分類されます。 リサイクルのときには違う原材料が混ざらないようにしなければなりませんし、法律によってごみ回収の方法が変わることもあります。 プラスチックごみの種類について、見ていきましょう。

プラスチックのリサイクル方法

プラスチックがリサイクルされる際には、どのような流れでリサイクルされるのでしょうか。 プラスチックが回収されてからリサイクルされるまでの流れを見ていきましょう。 また、リサイクルにも種類があり、全てが物から物へと再生されるわけではありません。 リサイクルの種類についてもまとめました。

プラスチックごみの種類

さまざまなごみ問題が取り上げられている中、特に環境に重大な影響を及ぼすとされているのがプラスチックごみです。

石油を原料とするプラスチックは、製造される際にも資源が消費され、廃棄される際にも焼却すればダイオキシンや温室効果ガスが発生し、埋め立て地も侵食していきます。
できることなら廃棄ではなく資源として再生することが望ましいのですが、きちんと分別・回収されなかったり、コストがリサイクルの利益を上回るせいで廃棄されてしまうことも少なくありません。

石油などの資源や土地には限りがあります。
変質しづらいため使い勝手がよく、比較的安価に製造できるプラスチック製品ですが、確実に地球の大切なものを消費しているのです。

さらに問題になっているのが海洋プラスチックの問題で、屋外に放置されたプラスチックが川から海に流れ込み、海や海岸を汚しているようです。
プラスチックは自然に分解されにくいため、海の中でも長期間漂流してしまいます。
そうすると海の環境が変わり臭いや水質汚染につながるだけでなく、プラスチックを食べてしまった海洋生物が傷付き、さらにそれらの生物を介して濃縮された汚染物質が人間にも蓄積すると言われています。

私たちは、ごみの問題、特にプラスチックの製造と廃棄について考えなくてはなりません。
プラスチックは他のごみと比較して特殊な要素が多いため、そのことを理解して環境問題に取り組むことが大切です。
このサイトでは、プラスチックごみの種類と分別方法、リサイクルのしくみについてまとめました。

家庭でできる焼却プラスチック削減方法

プラスチックごみの焼却を減らすには、きちんと分別してリサイクルすることと、プラスチックごみ自体を減らすことが必要です。 私たちがプラスチックごみの問題にアプローチする際に、何を行なえばよいのでしょうか。 分別の際に注意すべきことと、購入の際に注意すべきことについてまとめました。

▲ TOPへ戻る