プラスチックごみと環境

プラスチックは総称

同じプラスチックでも、原料が違うことがあります。
たとえば、プラスチックごみで有名なペットボトルは、厳密には「ポリエチレンテレフタレート」という種類です。
ポリエチレンテレフタレートは、リサイクルの際に再生フレークと呼ばれる形状にでき、比較的リサイクルしやすいのが特徴です。

「ポリエチレン」や「ポリプロピレン」と呼ばれるオレフィン系のプラスチックも、昔からリサイクルされている種類です。
食品や洗剤の容器、洗面器などに使われることが多いようです。
ただし、ポリプロピレンは他の原料が混ぜてあることが多く、注意が必要です。

他にもラップや卵パックなどの「ポリ塩化ビニール」や、発泡スチロールや食品トレイなどの「ポリスチレン」や、おもちゃなどの「ABS樹脂」などの種類があります。

プラスチック製容器包装とプラスチック製品

自治体によっては、プラスチック製容器包装はリサイクルされても、プラスチック製品は焼却されることがあります。

プラスチック製容器包装とは、食品や商品を包装している容器などのことで、お菓子のパッケージや、ボールペンの包装などが挙げられます。
一方、おもちゃやハンガー、ペン本体などはプラスチック製品という位置づけになります。

プラスチック製容器包装がリサイクルされるにも関わらず、プラスチック製品があまりリサイクルされないのには、法律が関係しています。
プラスチック製容器包装は製造している業者がリサイクル費用を負担することになっていますが、プラスチック製品はそうではありません。
よって、プラスチック製品をリサイクルしようとすれば、国が費用を負担しなければならないのです。


▲ TOPへ戻る