プラスチックのリサイクル方法

プラスチックのリサイクル

プラスチックは、廃棄や焼却されると環境に悪い影響をもたらしてしまいます。
プラスチックごみを資源としてリサイクルすることが、環境を守るために重要だといわれています。
では、家庭から出たプラスチックは、どのような工程を経てリサイクルされるのでしょうか。

まず、プラスチックごみがリサイクルされるには、家庭できちんと分別されている必要があります。
回収された後は施設に運ばれ、プラスチックごみは資源として再生できるよう他の素材のものと分別されます。
その後、分離機や洗浄機を使ってプラスチックは粉砕・洗浄され、製品の原料となる「フレーク」や「ペレット」などと呼ばれる状態を経て、衣類や容器へと生まれ変わります。
このように、物から物へと再生することを「マテリアルリサイクル」と呼びます。

製品に再生できない場合は?

プラスチックの中には、原料が混ざっていたり汚れていたりして、マテリアルリサイクルができないものもあります。
そのような場合には「ケミカルリサイクル」と呼ばれるリサイクルが行われることがあります。
ケミカルリサイクルとは、資源を化学的に分解してリサイクルすることです。
たとえば、コークス炉と呼ばれる設備に入れて工業用のガスやコークスを取り出したり、ふるいにかけて製鉄用の還元剤にしたり、分子レベルまで分解して化合物用のガスにしたり、石油の代わりの成分にまで戻すことが挙げられます。

さらに、ケミカルリサイクルできないプラスチックを焼却する際に出た熱エネルギーを発電や温水に利用することもあり、これは「サーマルリサイクル」と呼ばれています。


▲ TOPへ戻る